インドネシア ジャバ フリンザ ハニー サッカリック

[ Indonesia - Java Frinsa Honey Saccharicn ]
 インドネシア ジャバ フリンザ ハニー サッカリック

インドネシアらしいアーシーさとハーバルさ、フルーティーな甘味やコクを感じられ、とても新鮮な余韻と印象を残します。
ホット、アイス、ラテにしても、美味しさとフレーバーの個性が際立つ一杯です。

・・・・・・・・・・・・・・・
ランク :スペシャルティコーヒー
標高  :1300〜1500m
エリア :シンダンケルタ ウェニングガリエステート
品種  :混合 (Bor-bor, Ateng Super, P88, Sigarar Utang)
生産処理:ハニー, サッカリック ファーメンテーション

・・・・・・・・・・・・・・・
海外の一流ロースターから称賛されるフリンザ農園は、インドネシアの独自性を大切にしながら、ハイクオリティコーヒーに取り組んでいる生産者。
環境問題への着目からコーヒー事業を始め、若き後継者の情熱と高い農学の知識、そして技術の革新により、
「国内において、彼らと同じ水準でスペシャルティコーヒーを生産できる者はほとんどいない。」
と言われるまでに発展してきました。

“ハニー, サッカリック ファーメンテイション”
この耳慣れない言葉は、果実であるコーヒーから種子を取り出し、生豆にする精製の方法を表しています。
豊かな果実感を残すハニー製法の過程において、サッカリン発酵(発酵茶のコンブチャに含まれる成分による発酵)を施し、味わいやフレイバーを引き上げています。

発酵という技術の確立は、新たな味わいへの挑戦です。
乳酸発酵、テンペ発酵、嫌気性発酵、など、近年は世界中で様々な新しい手法が競って研究され、衝撃的なコーヒーが生み出されています。
近年は、コーヒー界の話題と人気を集めていると言って過言ではありません。

新しい技術は、愛飲者へ更なる美味しさをもたらし、生産者には安定という明るい光を差しました。
自然に出来を左右される作物(コーヒー)は、意図的にコントロールできる技術により、毎年一定以上のクオリティに仕上げられるようになりました。
それにより取引量を安定へと向かわせ、更にその安定は、労働や暮らし、環境の改善や安定へと還ってきます。
これは、コーヒーに関わる人々が課題にし続けてきたサスティナビリティの一つの姿なのです。

シンプルなお菓子にもよく合います。
新しい美味しさと楽しみを1杯のコーヒーでどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・
《挽き方》
豆のまま : whole
粗挽き  : coarse (サイフォンなど)
中細挽き : medium fine (ペーパードリップなど)
細引き  : fine (エスプレッソ、プレスなど)

*挽き方の選定がご不明な方は、備考欄に抽出方法をご記載ください。
受注確認の際にお薦めをご連絡します。

*当店のコーヒーは、焙煎後に最適な時間を経過させたものをお届けします。
ご注文のタイミングによっては、数日のお時間をいただく場合がございます。
受注確認メールにて状況のご案内をしますが、お急ぎの場合はご注文前にお問合せくださいませ。

*クリックポストでは、100g または 150g 入り袋を合計2袋まで同梱可能です。(コーヒーの種類はいずれでも可能。)

◆専用ギフトボックスをご用意しています。
100g入りの袋が3個入ります。(コーヒーの種類はいずれでも可能。)
コーヒー100g入りを3点カートと一緒に、「ギフト包装」ページに掲載の「offee gift box」もカートに入れてご購入ください。

販売価格 834円(税込900円)
型番 coffee_frinsa
 100g150g200g
豆のまま
粗挽き
中細挽き
細引き
内容量
挽き方

内容量
挽き方
 100g150g200g
豆のまま
粗挽き
中細挽き
細引き

Artist / 作家

Item / アイテム

2022年11月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2022年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

online 業務 休業日

online shop