ブラジル トミオフクダ マラゴジッペ ナチュラル

Brazil Tomio Fukuda Maragogipe Natural
ブラジル トミオフクダ マラゴジッペ ナチュラル

鮮やかなフレーバーと、すっきりジューシーな酸味と甘み。
Cup of Excellence入賞を果たすトミオフクダ氏のバウー農園からの、個性豊かなコーヒーを焙煎開始しました。

・・・・・・・・・・・・・・・
ランク : トップスペシャルティコーヒー
標高  : 1100m
エリア : ミナスジェライス州/セラード地区/パトスデミナス
品種  : マラゴジッペ
生産処理: ナチュラル

・・・・・・・・・・・・・・・
日系二世のトミオフクダ氏がオーナーのバウー農園は、ミナスジェライス州セラード地区パトスデミナス付近の標高約1,100m、ブラジルのコーヒー栽培エリアでも標高の高い場所に位置します。この地域はセラードの中でも特に雨期と乾季がはっきりとしており、最もコーヒー栽培に適した気候となっています。

恵まれた気候、そして肥沃な土壌をもつこのトミオフクダ氏の農園では、マラゴジッペのほかにブルボン、ムンドノーボなど様々な品種が栽培されています。
近年のマイクロロット生産をする以前より、農園内では様々な品種の試験栽培や生産処理の新しい試みも地道に行われてきました。ニーズに合ったクオリティを提案できるようにするため、試験に熱心に取り組んできたのです。その中で、高まる顧客のニーズを叶えることのできる品質レベルとして、審査会で入賞できる品質レベルを一つの目標ともしており、その言葉の通り近年はCOE(*1)へエントリー、そして入賞を果たし、大きな成果をあげています。

マラゴジッペはブラジルのマラゴジッペ市で発見された品種で、ティピカ種の突然変異といわれています。通常のコーヒー豆よりかなり大粒で、ジューシーな酸味と甘味が特徴的です。トミオフクダ氏の様々な試みの成果が、このマラゴジッペ ナチュラルに込められています。

歴史あるこの栽培地から、これまでとは全く印象の違う際立ったフレーバーを持つコーヒーに仕上がっています。華のある一杯をお愉しみください。


(*1)COE=“Cup of Excellence”
その年に生産された最高のコーヒーにのみ与えられる称号。

・・・・・・・・・・・・・・・
《挽き方》
豆のまま : whole
粗挽き  : coarse (サイフォンなど)
中細挽き : medium fine (ペーパードリップなど)
細引き  : fine (エスプレッソ、プレスなど)

*挽き方の選定がご不明な方は、備考欄に抽出方法をご記載ください。
受注確認の際にお薦めをご連絡します。

*当店のコーヒーは、焙煎後に最適な時間を経過させたものをお届けします。
ご注文のタイミングによっては、数日のお時間をいただく場合がございます。
受注確認メールにて状況のご案内をしますが、お急ぎの場合はご注文前にお問合せくださいませ。

*クリックポストでは、100g または 150g 入り袋を合計2袋まで同梱可能です。(コーヒーの種類はいずれでも可能。)

販売価格 741円(税込800円)
型番 coffee_BR_marago
 100g150g200g
豆のまま
粗挽き
中細挽き
細引き
内容量
挽き方

内容量
挽き方
 100g150g200g
豆のまま
粗挽き
中細挽き
細引き

Artist / 作家

Item / アイテム

2020年06月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2020年07月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

online 業務 休業日

online shop